ワキガの症状によって異なる手術の方法

標準

一人一人のワキガの症状ごとに、適切な手術のやり方は変わってきます。現在はクリームやスプレーなど、ワキガを抑える商品が幅広く販売されていますが、残念ながらそれらの方法はワキガを根本的に治すものではありません。症状そのものを根絶させるためには、病院でワキガの治療あるいは手術を受ける必要があります。ワキガの症状がどの程度かで、治療のやり方は変わります。軽度なワキガなら手術をするまでもなく、内服薬や、外用薬で対応することが可能です。飲み薬や塗り薬では解決が見込めないという場合には、ボトックス注射や、針を刺して電気を通すことによって治療する方法があります。深刻なワキガの症状に悩んでいるという人は、対症療法ではなく、手術を受けて原因を利と覗くことが大事です。一般的なワキガの手術で、皮膚にメスで切れ目を入れて行います。

とよく行われているワキガの手術法は剪除法と言われるもので、ワキガを治療し、身体へのダメージも小さく済ませることができます。場合によっては手術跡が残ってしまったり、傷口が閉じるまでに時間を必要とするというデメリットが、剪除法にはあります。メスを入れない場合では、ワキの下に穴を開けて管を通すことで治療を行う皮下組織吸引法という手術が主流です。皮下脂肪吸引手術は、施術後の痕跡がごくわずかなものにはできますが、アポクリン酸というワキガの原因物質が残ることがあります。さらに超音波を発生させて効果を高める超音波吸引法や、剃刀のついた専用器具を使用する皮下組織削除法という手術も選択肢としてはあります。ワキガの手術をすることになったら、どんな方法での手術が自分自身の体質に最も合っているのかなどを、病院でよく聞いておきましょう。