ダイエット歴の長い私が普段心がけていること

標準

ダイエットといっても単品ダイエットや置き換えダイエット、DVDを使った運動ものやサプリメントを使ったものなどなど、色々なものがありますね。 また、ダイエットの情報というのも世の中に氾濫していて、いったいどれを信じていいのか?どれが自分に合っているのか?と分からなくなってしまうという人も多いのではないでしょうか。

そんな私ですが、ダイエット歴はかなり長いため、ちょっとやそっとでは流行りのダイエットに飛びつかなくなっています(笑)。 最近でこそ加齢による代謝の低下は感じますが、やはり「こうすると痩せる・痩せやすい」というポイントはもうわかっているので、あとは自分でそれを実行できるかという精神面にかかっている感じです。 私のダイエットはとってもシンプル。栄養バランスを考えつつ食事制限(1日の摂取カロリーを目標内に抑える)・有酸素運動+筋トレ・そしてたまにサプリメントを使う、という感じです。特にこの歳(40代)になってくると、サプリメントを上手に使うことが大事なのかなぁと思っています。

特に運動はもう絶対にやめられません。運動することでカロリーを消費したり筋肉をつけるという目的もありますが、運動自体がストレス解消になっているので、もし何か嫌なことなどがあってもそのイライラを食べることにぶつけなくてすみます(笑)。 これからダイエットをするという人は、可能であればストレス解消になるような楽しいものを選ぶことをおすすめします!

体重の減少とダイエットの停滞期について

たびたびダイエットにチャレンジして、体重の減少を目指す女性は大勢いるようです。なぜダイエットをしたいかは個人の事情によりけりですが、時には決まった期日までに痩せたいと思うこともあります。

ダイエットをする時に、目標期日か゛あると、体重の減少が順調か気になるものです。体内に蓄積されている体脂肪を、積極的に運動をすることで燃焼を促し、消費してしまうことと、食事で摂取するカロリー量を制限することが、ダイエットのポイントです。体重減少を目指してジョギングをするなら、続けやすい時間やスピードを決めて走ります。

運動のしすぎで体を痛めてしまうことがないように、適度な運動量をキープすることが大事になります。体調不良が一時的なものなら休息により回復が可能ですが、意欲が続かなくなって、ダイエットの運動をしなくなる人もいます。体重を減少させるためにジョギングをするなら、早さにこだわりすぎていると走っている時間も短くなり、疲れも強くなってしまいがちです。

継続的にダイエットを行っていると、それまで減っていた体重が減少しづらくなることがあります。せっかく頑張ったのに体重が減少しづらくなってしまったという時は、カロリーを再び減らしたり、運動量を増やす人もいます。停滞期は、順調にダイエットが進んでいる証ですので、さほど思い悩まずに、これまでと変わらずダイエットを続けてください。停滞期に入ると、なかなか体重が減少しなくなって焦ってしまいますが、そういう時こそ普段通りのダイエットが重要です。